レスラー

<$$mt:EntryTitle>

1984年、新日本プロレスに入門。同年10月12日、武藤敬司戦でデビュー。

その後、欧州武者修行を経て、1991年8月に凱旋帰国し、獣神サンダーライガーを下してIWGPジュニアヘビー級王者を獲得。ヘビー級転向後の1996年には越中詩郎ら率いる平成維震軍のメンバーとして活躍する。

1998年3月に試合中のアクシデントで網膜剥離となり長期欠場。1999年2月、本名の野上彰から海外修行時代に使用していたリングネームであるAKIRAに改名し、蝶野正洋率いるTEAM2000入り。再びジュニアヘビー戦線を賑わす。

2004年より新日本を離れてフリーとなり、全日本プロレスなどの他団体に参戦。2007年8月、新日本に3年ぶりに復帰。2008年4月にはライガーとのコンビでIWGPジュニアタッグ王座を獲得した。持ち前の跳躍力と華麗なフォームから繰り出される必殺技・ムササビプレス(ダイビングボディプレス)は必見。

AKIRA