11/24 SMASH.23

2011年11月25日(金)

■『SMASH.23』試合レポート(セミファイナル)

『SMASH.23』試合レポート(セミファイナル)

■セミファイナル

○大原はじめ&ジェシカ・ラブ

[12分56秒、フィンランド式フォアアーム]

×TAJIRI&ウルティモ・ドラゴン

 

 

【試合レポート】

先発は大原、ウルティモ。場内からは大原コール。ウルティモの左腕を固める大原。しかし、ウルティモは前転から切り返すとアームホイップで投げ飛ばして脱出。力比べから大原がガットショット。ウルティモも返すが大原はレッグロックへ。ならばとウルティモはコークスクリューホイップ2連発で投げ飛ばして両者交代。

ジェシカのバックを奪ったTAJIRIは腰を振って挑発。これに怒ったジェシカは反撃するも、TAJIRIは腕を固めてコーナーへ押し込んでからパンチ、ストンピング。TAJIRIの突進をかわしたジェシカは串刺しドロップキックで反撃に出ると、ブロンコバスターでTAJIRIの顔面に股間を押し付ける。キスを迫るジェシカだが、TAJIRIはこれをかわしてストンピング。ジェシカを場外へ放り投げる。

ジェシカをリングに入れたTAJIRIはウルティモにタッチ。ウルティモはジェシカの顔面を踏みつけ。場内からブーイングが飛ぶ。さらにウルティモは顔面かきむしり。そしてTAJIRIにタッチ。TAJIRIはジェシカの足をロックして股を広げると、のぞきこんで挑発。ジェシカは悲鳴をあげる。さらにTAJIRIはジェシカの股間めがけてニードロップ。観客のブーイングにTAJIRIはおどける。TAJIRIのスリーパーをエルボーで脱出したジェシカだが、ロープに走ったところでTAJIRIがエルボー。そしてウルティモにタッチ。ウルティモはTAJIRIのアシストを受け、ジェシカのお尻にキックを放つ。しかし、ジェシカも延髄キック、クロスボディで反撃して大原にタッチ。


タッチを受けた大原はウルティモ、TAJIRIを次々となぎ倒す。さらにウルティモへブレーンバスターを放つがカウント2。ウルティモも負けじとキック連打で反撃してTAJIRIにタッチ。TAJIRIは大原に強烈なミドルキック連打。さらにハンドスプリングエルボーもカウント2。大原はエルボーで反撃も、TAJIRIはローリングソバット一閃。TAJIRIはフォールに入るもジェシカがかろうじてカット。

分断に成功したTAJIRI、ウルティモは合体攻撃から、二人がかりで大原めがけてキック、張り手を叩き込む。TAJIRIは卍固めも、これを耐えた大原はTAJIRIを抱え上げてデモリッション。さらに後頭部へのフィンランド式フォアアームを放ってフォールにいくも、これはウルティモがカット。ならばとジェシカのスワントーンボムのアシストを受けた大原はファルコンアロー。とどめのフォアアームはTAJIRIが寸前でかわして強烈なトラースキック。TAJIRIは狙いを定めてバズソーキックを放つが大原がフォアアームで迎撃。足をかかえて悶絶するTAJIRIに、大原はフォアアームを立て続けに2発放つもカウント2。ならばと、大原は気合を入れ直し渾身のフォアアーム一閃。これをTAJIRIは返すことができず3カウント。TAJIRIからピンフォール勝ちを奪った大原がスランプ脱出をアピールした。

 

 

【大原はじめのコメント】

途中二人の親父たちから殴られ、蹴りまくらて意識が朦朧として、すげえすげえきつかった。だけど、こんな所で止まれないし、それこそ親父たちに失礼だから。そして、今日は最愛のジェシカが横にいて、会場には俺のことを応援してくれる仲間がいて、いろんな力に後押しされて、今日大きな大きな壁を超えられました。もう今までとは違います。あんな大きな壁を超えたんですよ。俺は変われました。

 

【TAJIRIのコメント】

いや効きましたね。大原、ちょっと調子悪かったからナメてたけど、ちゃんとやっているんだ。いいじゃないですか。ドンドン人生良くしていきゃいいんだよ。俺だって負けても気持ちいいもん。

【関連ニュース】

<<<前のニュースへ次のニュースへ>>>